お年玉の由来は、神様のお供え物のお下がりを分け合ったところからだそうな。

お正月の一大イベント、お年玉。家族みんなが集まる楽しいひと時。でもそこには大きなお年玉という恒例行事がありますね。お年玉の金額って一体どれくらい払えばいいんだろう。誰しもその壁にぶつかると思うんです。そうですよね、平均いくら?相場どれくらい?悩みますよね。これを知っていないと、楽しくお正月が過ごせません。それでは今回はそんなお年玉について、お年玉の由来やお年玉の金額についてお話していきましょうか。もうじき来るお正月のためにも、しっかりと覚えておいてくださいね。楽しい楽しいお正月。子供の頃は貰うお年玉に、心躍らせたものです。そんなお年玉ってどこからきたんでしょう。まずそのお年玉の由来についてお話しましょうか。お年玉の由来は、昔の数え年にあります。昔は日本、こうやって西暦で年を数えず、お正月が来た時に年を重ねるシステムだったんですね。その年を重ねることへの行事に歳神様(としがみさま)という、年を司る神様にお供え物をして、健康を祈ったそうです。その時に供えられていたのはお餅でした。これをお下がりで分け合ったのがお年玉の由来だといわれています。お餅がお金になったというわけですね。


お年玉のポチ袋などをお探しの方はこちら>>

気になる商品情報を検索してみよう!
※商品一発キャッチャー:見つかるZOU 検索窓

[ナイスな情報]

お年玉の金額の相場は二千円ぐらいから一万円。年齢や関係によって変わりますね。

さて、由来がわかったらいよいよ本題、お年玉の金額の相場です。一体平均いくらあげれば良いんでしょうね。赤ちゃんの場合は、お金よりもおもちゃをあげたりするようです。それでも小学校入学前のお年玉の金額の相場はというと、自分の子供には平均千円、よその子には平均二千円だといわれています。小学校低学年のお年玉の金額の相場は幾らかというと、自分の子供や親戚の子には平均三千円、近所の子には平均二千円だとか。小学校高学年のお年玉の金額の相場はというと、自分の子供には五千円、親戚の子には三千円、近所の子には五千円が平均なんだそう。中学生になると、お年玉の金額は動きません。自分の子も親戚も近所の子も五千円です。高校生になるとお年玉の金額はまた動きます。自分の子には一万円、親戚、近所の子には五千円が平均なんだそうですよ。大学生ともなると、お年玉の金額は動きません。自分の子、親戚の子に一万円、近所の子にはもうあげなくても大丈夫になります。さあ、お年玉の金額の話をしたところで、入れ方の話をしましょうか。入れ方はポチ袋などに入れます。そこに一筆添えるのが正しい入れ方。ポチ袋には小さな子供になら「おとしだま」とかいて。名前を書いてあげるのもいいですね。それ以上の年代の子になら「お年賀」などと書いて、お年玉をポチ袋に入れて渡すというのがとてもいい入れ方です。ポチ袋は様々なものがあるので、吟味して「これだ」と思ったものを買ってくださいね。

もらってうれしいお年玉付年賀はがき。発売日は11月上旬。当選発表は1月下旬です。

お年玉関連で思い出すのは、お年玉付き年賀はがき。年賀状を出す際にはなるべくお年玉付き年賀はがきを選ぶのがベスト。当選番号はバラバラですが、きっと誰かに当たると信じてお年玉付き年賀はがきを買いましょう。これ、自分が貰っても嬉しいものなんですよ。沢山あるお年玉付き年賀はがきから当選番号を見ていく瞬間が本当にワクワクします。当選番号をさがして、ぴったりなものがあると、どんな商品であれ嬉しいんです。当選番号をさがしている時が一番楽しいかもしれません。2009年度のお正月はあっという間にやってきます。どうでした?参考になりましたか?お年玉の由来も、ちゃんと把握できました?お年玉の金額、あれはあくまで目安です。あなたがもっとあげたいと思うならば、増やしてもかまいません。しかし、大人同士の暗黙のルールもあったりするので、親戚の子などにはまず相場通りにいくのが無難でしょうね。お返しで向こうにも気を使わせてしまいますから。楽しいお正月。子供達もかつての私たちのようにわくわくしてお年玉を待っています。そんな子供達を見つめて過ごすのが、今の私たちの楽しみですよね。月日は流れ、貰う側から与える側へと。その年月をかみ締めるのがお正月です。お正月の風情って何だかそんな感じがしますよね。あなたはもう、お年玉について考えていますか?お年玉は心であげてくださいね。昔のお年玉がお餅で、そのお餅には心が沢山こもっていました。それがお金になっただけのことです。心をこめてポチ袋に一筆書いて、そっと渡す。子供は笑顔になる。あなたも微笑む。そんな光景が正しいお正月の過ごし方であり、理想のお正月の過ごし方なんですよ。ゆったりと時の流れていくのを感じながら、あなたの心をお年玉にこめてあげる。そうやって、お正月をゆっくり楽しんでくださいね。

Yahoo!<<<|Copyright © 2008 moneyたろぞう